fc2ブログ
きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器 ONTOMO MOOK Stereo編 は、新型USBサウンドクウォリティアップグレーダーが付録!!| ホーム | Stereo誌 付録スピーカー2017年について、MOOK で Fostex製 と Pioneer製 が発売

フォステクス FE208-Sol 限定バックロードホーン専用ユニット について

 Fostex(フォステクス)限定販売
スピーカーユニット で、

「FE-Solシリーズ」にラインアップする
新製品が発売されました。

(以下、スピーカーユニット"SP UNIT"と略称する場合あり)

それは、バックローテッド・ホーン型(以下、BH)に
特化? したBH専用 20cm口径フルレンジユニット の

FE208-Sol 20cmコーン型フルレンジユニット
 ・発 売 日 平成29年9月下旬
 ・標準 価格 ¥35,000(8%税込 ¥37,800)/1台
 ・配 布 数 300台(即、限定数に達したので再配布)

です。

 恒例になったのか? 今回も「フォステクス」は、
市販純正スピーカーボックス(以下、SP BOX
用意しています。

今回は何故か? 限定販売ではなく、受注生産販売
なっています。おそらく通常より高額で需要も少ない
ので、在庫を抱えたくないからだと思います。


BK208-Sol +用バックロードホーン型
      20cm口径用スピーカーボックス
 ・受注開始日 平成29年 9月末
 ・標準 価 格  ¥200,000(税別)/1台

 『FE208-Sol』のオリジナルは「FEシリーズ」
最初からBH向けに適していた「FE203」で、

「FE203」から、磁気回路の磁石(φ145mm )
2枚重ねに強化した「FE203Σ」誕生しました。

「FE203Σ」までは、特にBH専用と呼ばれるような
ことは、ありませんでしたが、自作BH型SPを公開
していた オーディオ評論家:長岡鉄男氏 が

「FE203Σ」等「FE-Σ」BH最適
「SP UNIT」と評論記事で批評したのが原因なのか?

『Fostex』ではBH専用「SP UNIT」シリーズとして
「FE-Σシリーズ」を立ち上げて、

「FE203Σ」の鉄板フレームを「角型アルミダイキャスト
フレーム」
に、進化・高級化させた

BH専用ユニットとして「FE206Σ」がレギュラー市販品
として発売されました。BH専用「SP UNIT」の磁気回路
の進化は、この程度で終わると思うのですが、

自作BHを推奨していた「長岡鉄男氏」
氏の仕事場になる「リスニングルーム」というより、

「ホームシアター」となる「方舟(ハコブネ)」
造った時のAV(長岡氏はVAと言っていた)リファレンス用
メイン・スピーカー

共鳴管型「F-3000:ネッシー」
「SP UNIT」として、最初「FE206Σ」
使っていましたが、その音は

「きめは細かく優しくきれいだが、
張り出してこない」

ので「FE206Σ」磁気回路強化
(二回り大きい強力な磁石に変更)した「SP UNIT」を

『フォステクス』注文して誕生したのが
FE206S(Super:スーパー)、1988年11月発売
なります。

「FE206S」が限定販売ユニット
「FEスーパー・シリーズ」始まりとなります。

なお「ネッシー」のユニットを「FE206S」交換した
ことでA&V用に必要だった破壊的な力強い音に変り
「がぜん音が張り出してきた」そうです。

その後「Fostex」でモデルチェンジを繰り返し詳細は
割愛しますが、

FE208S、1990年10月発売
  ラウンドフレーム化してユニットフレームを強化

6N-FE208S、1995年 7月発売
  ボイスコイルの Cu導体を
  高純度 6N(99.9999%) 導体に変更

6N-FE208SS、1996年11月発売
  φ180mm 磁石を2枚重ねにして磁気回路を超強化

FE208ES、2000年 3月発売
  HP振動板ESコーン、
  並列型磁気回路でさらに磁気回路を強化
  フレームを新高剛性ラウンドフレームに変更

   ※)2000年5月29日「長岡鉄男氏」 他界

FE206ES-R、2006年 3月発売
  ラジアル抄紙ESコーン振動板
  亜鉛ダイカスト製フレーム
  磁石1枚の磁気回路に回帰

FE208ES-R、2007年 3月発売
  ハイブリッド(5種類混合)HP振動板
  純Mgのボイスコイル直結センターキャップ
  外磁型・アルニコ磁石・超強力磁気回路

FE203En-S、2011年 3月発売
  サブコーン型ESコーンに回帰
  通常販売FEシリーズがEn化した技術を導入

という進化の経緯をだどりますが
『FE208-Sol』直接の祖先

磁気回路の設計、コーン紙形状から
「6N-FE208SS」となります。それから、

FE208-Sol、2017年 9月発売
  サブコーン型2層抄紙ESコーン振動板
  φ180mm 2枚重ね磁石の超強力磁気回路
  低歪磁気回路化(銅キャップ・リング採用)
  新高剛性ラウンドフレーム
  エッジ軽量化

等の主な改良を加えられています。

 磁気回路については「リア・ホーン」で低音域を
強力に駆動する必要があるので、一時期、
アルニコ磁石まで採用して強化していましたが、

おのずと磁気回路を強化できる限界を超えてしまった
ようで、その後に磁気回路の強さを弱めた1枚磁石の
磁気回路に回帰していましたが、

今回、再び2枚重ねの磁気回路を復活させています。
磁気回路の磁束を集めて駆動力をアップさせる磁気
ギャップ間の磁束密度

(電気エネルギーを運動エネルギーに変換する場所)
から歪(ヒズミ)を減らすために

ポールピース(円柱の金属)の頭に銅キャップを
被(カブ)せ、

その周りに位置するもう一方の円形状の穴の開いた
プレード側の内側にも銅リングを装着して、

磁束密度の分布を均一にならして、歪を大幅に低減
させている影響で、磁束密度の強さはやや低下
(銅の透磁率は低い?)しているようです。

さらに振動系実効等価質量の増加もあり出力音圧レベルが
{ 208SS:99[dB] -> 208-Sol:96[dB] }
-3[dB] 下がりましたが、

まだ、磁気回路が異常に強力な超オーバーダンピング
「SP UNIT」のため、周波数特性(f特)は、
ハイ上がり過ぎる状況のようです。

よって、低音の量感を BH型エンクロージャーでも
十分確保出来ないようで

「BK208-Sol」やステレオ2017年11月号発表の
「ASB2081Sol」では、低音域の厚み不足になる
右肩上がり「f特」となる測定結果となっています。

「浅生昉氏」「ASB2081Sol」の試聴で
{重低音の厚み感はやや不足}と載せて
いました。(ギリギリ実用で使用できるレベル?)

一般人には不要の情報ですが、イコライザー等で
周波数特性を整えなければ(低音域をブースト)
使えない「SP UNIT」のようです。

『FE208-Sol』ユーザーには、相当
「チューニング・スキル」必要とする
化け物「SP UNIT」なのでしょう。

使いこなせれば、超次元
「ハイファイサウンド」が楽しめるようですが・・・

参考にしたページは

フォステクス(Fostex)限定販売 FE208-Sol について

スポンサーサイト



プロフィール

工房68ゲチャ

Author:工房68ゲチャ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器 ONTOMO MOOK Stereo編 は、新型USBサウンドクウォリティアップグレーダーが付録!!| ホーム | Stereo誌 付録スピーカー2017年について、MOOK で Fostex製 と Pioneer製 が発売